スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

気象予報士

今日の職業紹介は、気象予報士です

給料:均20万から30万です。その一方で国民のだれもが知っているレベル
になると年収1000万超えることもあります。


なれる方法:
国家資格の気象予報士試験に合格して気象庁に登録後民間の
気象会社などに就職するのが一般的である。


詳細:
気象庁から提供される様々な気象観測データから、独自に天気の予報を
行う。
1993年の法改正で民間でも局地の天気予報を提供できるようになった
為に誕生した職業である。

天気予報番組や気象解説などで活躍するほかに求められた地点での晴天や荒天
を予報して船の最適航路を予測してり、建設作業時期のアドバイスをしたりと活躍の場はとても多いです。

ちなみに、気象予報士の資格は年齢、性別、国籍などの制限はないが大気の
構造や熱力学、気象現象などについての深い理解が求められる。

予報した結果が連続して外れたり、当たらなかったりすると気象予報士
から降格させられたり、給料が減ったりとプレッシャー
のかかる仕事でもある。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。