スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

確実に成功するための 「転職ノート」のつくり方

今回は、就職・転職活動するうえで他の方と差をつけるために行うと良い方法を紹介させて頂きます。
 転職を決意したら、まずノートを1冊用意しましょう。これをいつも持ち歩き、興味をひかれる会社の求人広告や記事をスクラップしたり、ちょっと小耳にはさんだことをその都度メモしていきます。小さな情報でも、整理してみると意外に役に立つものです。


・「転職ノート」のつくり方

1.記事の切り抜きは、余白をとって大胆に貼る
 これまで経験のない業種や職種に転職する場合、目指す業界の現状や職種の具体的な仕事内容などについての研究が欠かせません。
 時間が許す限り、関連する資料や業界誌紙に目を通したり、書店で本を購入するなどして、アウトラインをつかんでいくことが肝心です。十分な業界研究、職種研究ができていれば、面接でも自信をもって受け答えできることになるでしょう。

2.日程表をつくって、スケジュールを調整
 在職しながらの転職活動では、一方で仕事をそつなくこなし、その一方で、面接など自分の都合だけではすまないスケジュールをうまく調整していく必要があります。短期間に2、3社並行して応募するとなると、スケジュールはさらに複雑になってきます。
 履歴書を郵送した時期、面接の予定、採否の通知が届く時期など、応募してからあとの経過を記入しておけば、複数の企業に応募する場合でも、スケジュールは一目瞭然で、常に全体の活動状況が把握できることになるというわけです。

3.予想される質問への、回答も文章化しておく
 面接では、転職を決意した理由、その会社や仕事を志望した動機、これまで携わってきた仕事内容、自己PR、短所・長所などが質問されます。
 これら必須の質問に対しては、事前に自分なりの回答を準備しておくことが重要となりますが、この場合、あれこれと頭のなかで考えるより、文章として書き出してみると、よりはっきりと考えが整理できます。
 新しい会社や仕事に何を求めるのか、どういう条件の会社、仕事につきたいのかなど、会社選び、仕事選びの条件についても書き出し、その上で、絶対譲れない条件はどれかを絞り込んでいくのも、転職先選びの基準を明確にすることに役立ちます。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。