月別アーカイブ  [ 2013年10月 ] 

≪ 前月 |  2013年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

実際に合ったブラック企業の実態② スーパー店長候補編

今回は、実際に取材させて頂いた方の中に居たブラック企業の実態について紹介させて頂きます。

2人目 新卒社会人23歳 スーパー店長候補
この方は、某大学の経済学部を卒業された方です。この方は、就職活動を真面目に行っていたのですが50社受けても内定を貰えることが出来ずに、受ければ内定が貰えると言われているスーパーの求人に応募して無事内定をもらえることが出来たそうです。
 誰でも、受かる理由が入社後に分かってきたそうです。
まず、最初にブラック企業あるあるの勤務時間の長さが驚きです。

勤務時間  朝04:00~夜20:00 休憩1時間 合計勤務時間15時間

給料    手取りで20万 スーパーの勤務あるあるなんですが、給料は年俸制になっているので残業代もちろん出ません。

休日日数  一応、毎週水曜日が休みだそうです。

・なぜ、こんな勤務実態なのか分析させて頂きました。まず、誰でも受かると言われているように勤務実態が法律を完璧に違反してますよね。スーパーの中で働いている9割の方が非正社員です。(パート、アルバイトには、残業代は必ず払わないと問題になるので残業はさせません)
 なので、そのシワ寄せ社員として働いている方のほうのに及ぶことになるのです。
・もちろんの、店長になったらもっと過酷になります(野菜、果物、魚介類)の、仕入れに行かないといけないので負担が増える一方になるのです 
 勤務時間が延びても、給料が変わらないところがまさしくブラック企業です。
スポンサーサイト

働いている人にしか分からないマル秘情報

今回は、実際に働いている人にお聞きしたマル秘情報を紹介させて頂きます。

・先生編
皆さんが、小学生の時に給食で冷凍ミカンってありましたよね。今は、子切りにした冷凍リンゴが給食に出てくるそうです。

・看護師編
入院された経験がある方は、分かって頂けると思うのですがもしかしたら看護師さん付き合えるかもしれないって思われた方や退院後に仲良くなって合コンやれるかもって・・・
 残念ながら、99%あり得ないそうです。ちなみ、医者と看護師さんとの恋愛もほとんどなく割合にして1%ぐらいです。

実際に合ったブラック企業の実態① 塾講師編

今回は、実際に取材させて頂いた方の中に居たブラック企業の実態について紹介させて頂きます。

1人目 新卒社会人23歳 個別塾の講師
この方は、某大学の教育学部卒業された方です。先生になることを目指していたのですが、国家試験に合格することが出来ずに創立2年目の新規の塾に正社員の個別塾の講師として勤務されています。
まず、最初に勤務時間の長さが驚きです。

勤務時間  朝10:00~深夜4:00 休憩1時間 合計勤務時間16時間

給料    手取りで22万 残業代は、給料にあらかじめ含まれているのでもちろん出ません。

休日日数  一応、毎週日曜日が休みですが今後日曜日も書類作成などの担当になると月の休みが無くなる可能性もあるそうです。

・なぜ、こんな勤務実態なのか分析させて頂きました。まず、創立2年目塾ということで組織として出来ていないので1人1人が個人プレーで仕事をしているので効率がよい仕事が出来ていない。
・塾の儲けの仕組みは、簡単に説明すれば新規の塾生が入れば利益は上がります。
 集団の塾なら、1人増えてもそんなに仕事の負担は増えないのですがその方は個別の塾に勤務されていますので、1人、1人に合ったプリンタ作成、成績の上げ方を考えないといけなかったり、1人塾生が増えるごとに30分勤務時間が延びるそうです。
 勤務時間が延びても、給料が変わらないところがまさしくブラック企業です。

確実に成功するための 「転職ノート」のつくり方

今回は、就職・転職活動するうえで他の方と差をつけるために行うと良い方法を紹介させて頂きます。
 転職を決意したら、まずノートを1冊用意しましょう。これをいつも持ち歩き、興味をひかれる会社の求人広告や記事をスクラップしたり、ちょっと小耳にはさんだことをその都度メモしていきます。小さな情報でも、整理してみると意外に役に立つものです。


・「転職ノート」のつくり方

1.記事の切り抜きは、余白をとって大胆に貼る
 これまで経験のない業種や職種に転職する場合、目指す業界の現状や職種の具体的な仕事内容などについての研究が欠かせません。
 時間が許す限り、関連する資料や業界誌紙に目を通したり、書店で本を購入するなどして、アウトラインをつかんでいくことが肝心です。十分な業界研究、職種研究ができていれば、面接でも自信をもって受け答えできることになるでしょう。

2.日程表をつくって、スケジュールを調整
 在職しながらの転職活動では、一方で仕事をそつなくこなし、その一方で、面接など自分の都合だけではすまないスケジュールをうまく調整していく必要があります。短期間に2、3社並行して応募するとなると、スケジュールはさらに複雑になってきます。
 履歴書を郵送した時期、面接の予定、採否の通知が届く時期など、応募してからあとの経過を記入しておけば、複数の企業に応募する場合でも、スケジュールは一目瞭然で、常に全体の活動状況が把握できることになるというわけです。

3.予想される質問への、回答も文章化しておく
 面接では、転職を決意した理由、その会社や仕事を志望した動機、これまで携わってきた仕事内容、自己PR、短所・長所などが質問されます。
 これら必須の質問に対しては、事前に自分なりの回答を準備しておくことが重要となりますが、この場合、あれこれと頭のなかで考えるより、文章として書き出してみると、よりはっきりと考えが整理できます。
 新しい会社や仕事に何を求めるのか、どういう条件の会社、仕事につきたいのかなど、会社選び、仕事選びの条件についても書き出し、その上で、絶対譲れない条件はどれかを絞り込んでいくのも、転職先選びの基準を明確にすることに役立ちます。

応募の電話から採用通知が届くまで 企業の採用プロセス

最後に、応募の電話から採用の通知が届くまでの流れを紹介させて頂きます。

 就職活動は自分の都合だけでは進めることはできません。会社には会社なりの、採用スケジュールがあるからです。間違いのないスケジュール作りのために、応募の電話をかけてから採用通知が届くまでにどれくらいの日数がかかるのか、基本を押さえておきましょう。


・週刊求人誌による応募受付期間は1週間から10日

 週刊の求人誌の場合、応募を受け付ける期間は発行日から1週間~10日という企業が多いようです。次の号が発売されたあとは、応募者ももガクンと減ってしまうからです。週刊誌の場合、発売された週の次の週いっぱいまでが応募できる期間と考えていいでしょう
 ネット上の求人情報については、実のところどれくらいの期間、1つの求人情報が公開されているのか不明ですが、あるサイトで情報掲載日をチェックしてみたところ、すでに半年以上を経過している求人情報も少なからずありました。

・履歴書郵送型」では面接まで1週間をみておく

 一般に、応募の方法には2つの方法があります。一つは、履歴書を郵送し、応募先からの連絡を待つ型、もう一つは、履歴書を持参し、その場で面接を受ける型。企業によっては、どちらか好きな方を選択できることもあります。
 履歴書持参型では通常は自分の予定と会社の都合をすりあわせて、2、3日後に面接が設定されることになります。
 履歴書郵送の型では面接まで1週間はかかると見積っておく必要があります。応募先に届くまでに2日程度、書類選考に少なくとも1、2日、その後に応募先から電話が入り、その時点で面接日が設定されるという段取りになるからです。


・筆記試験や複次面接を想定しておこう

 面接と前後して筆記試験が課せられたという人は大手企業で85%、中小企業で35%に上り、面接も2回以上に及んだという人は、全体で52%となっていました。採用決定に至るまでの面接回数は1回が23.8%、2回が60.3%、3回以上が14.2%、4回以上が1.7%となっています。
 この結果からわかるように、企業の選考は、職業適性を見る適性検査や一般常識を見る筆記試験に、複次の面接を組み合わせていることが多いようです。



・採用通知が届くのは最終面接からほぼ1週間

 面接、筆記試験などが一通り終了すると、面接担当者によって、応募者の評価、選考が行われます。この最終選考は、一般に、面接担当者、役員クラス、配属予定先のマネジャーなどが集まっての合議となります。
 面接官の胸の内では、面接の段階で合否の判断がある程度下されているものですが、最終選考は全応募者に対する面接が終了してから行われるのがふつうなので、応募者が多ければ、それだけ最終判断が出るまでには時間がかかることになります。
 いずれにしても、1社応募してその結果を見てから次を探すというような転職活動では非効率です。並行して複数の企業に応募できるよう、上手にスケジュールを組みましょう。

不合格となる5つのパターン

今回は、不合格になりやすいパターンを5つ紹介をさせて頂きます。

パターンその1 キャリア不足型       
これはいうまでもなく、応募者のキャリアが企業側が求める技術、知識レベルに達していないことに起因するパターンです。
 求められるキャリアのレベルは会社によって変わるのは当然ですが、同じ会社であっても、たとえば「新規事業立ち上げをにらんでリーダーとなれる人材が欲しい」とか、「経験者確保は難しそうだから、未経験者を一から育てよう」などそのときどきの募集の背景によっても変化します。

対策:自分のキャリアのレベルを把握して応募先を選択する

パターンその2 短絡思考型
職種は同じか似たようなものだから自分ほどのキャリアがあれば、絶対買ってもらえるはずだとろくに業界研究、会社研究もせず面接に臨み、失敗するパターンです。ある程度のキャリアをもち、異業種転職をめざす人にまれに見受けられます。

対策:業界や職種についての研究を欠かさない

パターンその3 組織不適応型
技術力以前にまずかつ組織人としてなじめる人物であることであるとしています。技術者のなかには、ときとして専門性を追求するあまり、同僚や先輩後輩とのコミュニケーション能力に欠ける人がいます。接でのやりとりの際でも、返事は「はい」とか「ええ」だけで、会話のキャッチボールが成り立たない人もいるそうです。社員として組織のなかに入ることを望む以上、その組織に適応できるかどうかは基本的な問題といえるでしょう。 具体的には、服装、言葉遣い、態度などの面で周囲に不快感を与えるような部分がないかどうかということです。

対策:まずは自分自身の性格特性などを分析しよう

パターンその4 売込方法失敗型
どんなに優れたキャリアをもっていても、その売り込み方を間違えると失敗します。自分を買ってもらうのが面接である以上、多少のハッタリは必要ですが、それも程度問題。逆に、あまりにも謙虚すぎるのもマイナスです。
たとえ自信のない分野でも、たとえば「なんとかこなせるように頑張ります」といったふうに肯定的な返事をしてもらえれば、前向きな人だと評価できるのにとのことでした。

対策:実績はさりげなく提示、売り込みの度が過ぎないように

パターンその5 硬直型
企業は生き物です。時代の変化に応じて、組織の変更や人事異動も日常的に行われます。そんな事情に背を向けて、自分がやりたい仕事、好きな仕事だけにこだわるようだと失敗します。
対策:自分自身のキャリアプランを確立して臨もう

あくまでも自分の専門を貫くのか、それとも、いずれはほかの仕事も経験しながら、キャリアのすそ野を広げていく形を希望するのか。会社が求める組織上の役割や用意されているキャリアステップについて、自分の考えとマッチするかどうかを確認しておく必要があるでしょう。

絶対に採用したくないのはこんな人!

今回は、面接管の方が絶対に採用したくない人材について紹介させて頂きます。

日々、経営者の方や人事の方の相談にのっていると、「中途採用で失敗してしまった」「面接では見抜けなかった」という話をお聞きます。皆さんにとって反面教師になればと思いまして、私が今まで聞いたことのある「中途採用において絶対に採用したくない人」について書かせていただきます。


・こんな人は採用したくない!

1.学歴、経歴に嘘がある人
 本人の許可を取り、調べる「レファレンス」という方法をとれば、すぐにわかります。嘘をつくのはよくないことですね。実は経営者にも、嘘ついている方は案外います。たまに表沙汰になりますよね。嘘はいつかばれるもの。嘘をつく人を採用したい会社はありません。

2.暗い顔をしている、マイナスのオーラを感じる人
 初対面の人と会うのは、誰でも多少の緊張はするものです。それはわかってはいるものの元気がない、覇気がない人、何かどんよりとしている人。
 これはNGです。というのは、「初対面の印象をよくする」ということは、努力次第で可能だからです。朝起きたらまず鏡をみて、「今日は元気よくいくぞ」と気合を入れたり、自分を褒めてあげてください。ちょっと気持ち悪いかもしれませんが、良い意味で「自分のことを好きな人」が、昨今減っている気がします。
 自分のことを信じられない人は、人のことも信じられないと思いますし、自分が暗いと相手も暗くなります。相手とは、自分の心を映し出す鏡だと思います。

3.姿勢の悪い人
猫背、腕組み、大きく開いた足…あなたの姿勢、見られています。
猫背の方はどうにも印象がよくないものです。特に営業職を希望している方などは、意識的に注意したほうが良いでしょう。小さく見えてしまい、あまり好印象とはいえません。

4.貧乏ゆすりをしてしまう人
はっきりいって、すごく損をしています。落ち着きがなく見えます。あのコキザミにひざがゆれて、微妙に「とんとんとん」と音がすると、面接をしていても、良い気持ちになれません。
アドバイス:面接する側も、仕事で疲れていることがままあります。面接官を喜ばせてやろうぐらいの気持ちを持ちましょう。元気のない人が多い昨今では、最初の挨拶だけでも元気よくすると、だいぶ印象が違いますよ。





面接で評価される人の特徴

今回は、面接で評価される人の特徴について紹介させて頂きます。

・評価される人の特徴

面接官にも不適切な態度をとる人がいる

1.面接官にもいろいろな人がいる
 面接にはオーディションのように「一方的な評価をする場所」であるかのようなイメージが強いですが、だからといって応募者に不快な思いをさせる権利はないからです。面接官の不適切な態度は、面接官当人への非難にとどまらず、その会社や商品・サービスに対するネガティブイメージを持つ人を世の中に輩出することにもなります。 
その結果、一人の面接官のせいで、その会社の事業そのものにも悪影響が生まれることになり、当然ながらそうした状況をその会社の経営者は問題視することでしょう。

2.面接の途中で不機嫌になっていないか
 世の中には問題のある面接が多いという話をしたうえで、実際に面接を受ける方にも注意を促したいのですが、ここで取り上げたいのは面接の途中で不機嫌になる人のことです。
 悪質な圧迫面接をされたケースではなくても、たとえば面接官に10分間待合室で待たされたというような場合にそれは起きることがあります。待たされる身としてはたとえそれが10分間であっても嫌なものです。しかしその不機嫌な感情が表情に表れてしまうのは、面接パフォーマンスを上げたい人にとって大きなマイナスになります。
 ほんの少し、そこでぐっと我慢するだけで、なんとかその場の空気を乱さなくても済むものです。

3.面接官にも当たり外れがある
実際世の中には問題のある面接が多いのですが、それはあくまで面接スキルが足りない面接官個人の問題であって、必ずしもその会社や応募ポジションに問題があるとは限りません。よって面接を受けている求職者は感情的にならず、そうした一瞬の不快な瞬間があっても、うまくその場をスル―して頂くことをお勧めします。
 多くの人たちが面接の場で不機嫌な態度をとったがゆえに、せっかくのチャンスを逃してきた事例をたくさんあります。その都度、勿体ないことだと感じています。
横柄な面接官など気にすることはありません。
 おそらく、そうした面接官は日ごろの会社生活でストレスをため込んでおり、その会社でもあまり評価されていない人なのでしょう。ですから、そんな人に多少面接の場でいじめられたとしても、あまり気にすることもないのです。

好印象を与える転職面接のマナーと心構え

今回は、実際に合って合否が判断される面接のマナー・心構えについて紹介させて頂きます。

 面接で落ちてしまう人の典型的なパターンは、マナーや心構えができていないことにあります。いくらあなたが有能でも失礼な態度をとれば、一緒に働きたいとは思われません。
 また、心構えが間違っているとせっかくの出会いも無駄になってしまいます。面接官とはその会社ではご縁がなくとも、ゆくゆくは5年後、10年後同じ会社になることもあります。受かる受からないは別にして「あの人は良かった」という印象を与えることはとてもメリットがあります。
・基本的な面接のマナー「服装」

第一印象が大切。まずは外見を整えましょう。


1.服装を整える
 スーツは体のサイズにあったものを着てください。大きすぎたり、小さすぎるものを着ている人がいます。必ずしも一流ブランドのスーツである必要はありませんが、クリーニングに出したものを着用。できれば持っているスーツのなかで一番良いものを、なければお店の方のアドバイスを聞いて買ってください。

 たかがスーツですが、見た目はかなり重要。最初の3分間で面接結果は決まる、という人もいます。たかが見た目、しかし初対面の方に接するわけですから、見た目ぐらいはきちんとしていくということがマナーです。

2.ジャケットを着用する
 基本的にどんなにゆるい業界でも、ジャケットは着用していったほうが無難です。ジャケットは手に持つのではなく、きちんと着用してください。ネクタイについては、最近はクールビズやウォームビズが提唱されているので、ジャケットを着用していればあまり問題はなくなりました。

3.コートは脱いで会社に入る
 当たり前ですが冬場は、コートを脱いで会社に入ってください。たまにコートを着たままの人がいます。マナー違反になりますので、注意してください。

4.髪型を整える
 スタイリングを整えましょう。美容院に最近行っていない人は、すぐに髪を切りにいくこと。
 業界によって多少派手でもよい広告やアパレル、銀行やメーカーのように比較的保守的なものを好む業界などあります。
 面接を受ける会社の業界の雰囲気がわからなければ、その会社やその業界にある会社のビルの前にいき、どんな雰囲気の人が多いのか確かめ、それを真似すればいいのです。やはりその業界らしさというものがあるので、雰囲気を合わせることは重要なのです。

実績や能力がしっかり伝わる自己PRの書き方

今回は、履歴書プラスして自己PRの書き方について紹介させて頂きます。
 
自己PRは提出必須書類ではありませんので、なければ選考されないというものではありませんが、書いてあると企業の人事としては必ずみるポイントとなります。
 ですので、職務経歴書の最後に1枚付け足しておくといいでしょう。そこで、採用担当者がチェックしている具体的なポイントをNG事例も交えてお伝えします。

・採用担当者のチェックポイント

採用担当者は、自己PRであなたの性格や長所、仕事への姿勢、価値観を知ります。自分の言葉できちんと書いている人もいれば、ありきたりの言葉だらけでいかにもサンプルやマニュアル本を写したとすぐにわかるような人もいます。
 ここでは自分の言葉で、自分が体験を通じでアピールできることを書いているかどうかがよく見られています。以下で、採用担当者が自己PRのどこを見みているのかを紹介します。

1.キャラクター(性格や長所など)
社風や求める人物像に合っているかどうかを見ます。意見をはっきりいうタイプや個性的なタイプを好む会社もあれば、順応性が高く協調性がある人を好む会社もあります。
 同じ会社でも創業期など初期の頃は尖がっている性格の人が欲しいですが、組織が大きくなるにつれて協調性が高いタイプが欲しいなど、時期によって求める人物像が変ることがあります。

2.自己をどれだけ客観的に見つめられているか
人は、自分の悪い面をなかなか認めたがらないもの。しかし、あまりにも自己認識の甘い人はマネジメントもしづらく、周囲との摩擦を生む結果にもなります。年齢に応じた、精神的な成熟度などを見られています。

3.仕事へのコミットメント力
任せられた仕事に対する責任感がない人は、例えどんなスキルがあったとしても期待以上の仕事をすることはありません。安心して仕事を任せられるかどうか、という点を見ています。
・自己PRのNG事例

自己PRのNG事例と正しい書き方を解説します。
1.何がどのくらい実績があるかわかりづらく、抽象的な表現
(例)「仕事の質を上げるために、多くのカウンセリングをし、粘り強い交渉を行いました。また、量が増えた分、仕事のスピードをアップするように、自分の業務を見直し、効率化をはかりました」

(アドバイザー修正後)
以下のように定量的な数字を入れましょう。
「仕事の質を上げるために、月平均20本程度のカウンセリングを30本まで増やし、粘り強い交渉を行いました。また、1.5倍に量が増えた分、仕事がスピードアップするように、自分の業務を見直し、効率化をはかりました」

2.課題があった際に、具体的にどう動いたのかが明記されていない
(例)「離職者が多く、チームメンバーの意思がバラバラだったことがわかったため、密なコミュニケーションをはかり、その結果として離職者が減少した」

(アドバイザー修正後)
以下のように具体的に何をやったかを加えましょう。
「離職者が多く、チームメンバーの意思がバラバラだったことがわかったため、週1回のブレスト会を実施し定例化させました。ファシリテーター役を自らすることで全員が発言するよう促し、お菓子などを持ち込むことで話しやすい雰囲気をつくりました。結果的に風通しのよい雰囲気が部署内に生まれ、その結果として離職者が減少した」、具体的にどう動いたのかが明記されていない


二つに例に共通していたことは、抽象的に書いてある具体的な全く分からないことだと思います。紙一枚で、自分をアピールしないとダメなので相手に伝わる文を心掛けて記入しましょう。





内定がとれる中途採用の志望動機の書き方

今回は、希望の就職・転職先に合格する為必要になる履歴書。そのなかでも、志望動機のポイントをテーマに作成ポイント紹介させて頂きます。

・合格する志望理由の書き方

1.業界の魅力について
成長性なのか社会性なのか、その業界にどんな魅力を感じたのか興味があるポイントを書きます。まったく興味がないという場合でも採用される場合もあるのですが、それは職種専門性が高い人だけ。そうは言っても、どの会社の人も今の業界に愛着を感じているので、ホームページから魅力を感じ取ったりし、その業種の魅了をストレートに伝えてください。

2.会社の魅力について
受けたい会社の魅力は経営理念なのか、会社が大切にしている価値観なのか、方向性なのか、共感できるところを書きます。応募企業のサービスを顧客として使ったことがある人は、その時の体験や感動を伝えると印象がよくなります。

3.仕事の魅力ついて
採用ページや求人票を見て、仕事そのものの魅力ややりがいと感じると思われるところを書きます。具体的に明日から働くことをイメージして書くことが重要です。
営業にしても、人事にしても、経理にしても、職種ごとに共通する魅力があるでしょう。業界が異なる場合でも、異なるからこそ挑戦してみたいという希望を伝えてください。


・転職理由NG事例

これまで私がアドバイスしてきた中で感じた多NG事例と、言い換え方を紹介します。
1.福利厚生がよく、長く働けると思った=福利厚生が良いところならどこでも良い
仕事は生活の基盤ですので、福利厚生がよいに越したことがないのは当然ですが、それが志望動機となっているのでは、あなたのやる気に疑問を与えてしまいます。
 これでは、会社を引っ張るのだ! という気持ちよりも、会社にぶらさがっていたいという気持ちが大きいような印象を与えます。

2.友人が働いていて、楽しそうだったので=楽して、楽しく働けるところが良い
「楽しそう」という志望動機では、あまりにも感覚的で入社後の理想と現実のギャップが生じることが予想されますし、他人任せな点があなたの人間としての信頼性を疑わられます。
 きっかけが友人であることは構いませんが、その後に自分でどれだけその会社のことを調べ、自分の頭で考え納得したのかという点を、最後まできちんと話してください。きっかけは友人、でも根拠は自分でなければいけないのです。

3.人材紹介会社に紹介されたので=紹介されたから、断り切れずに応募しました
人材紹介会社を活用していると、「紹介会社に紹介された」ことを記載したり、面接で話してしまう人がいます。紹介会社が紹介をしたのはあくまでもきっかけ。
 そのきっかけから自分の考えで志望しているのでしょうから、志望の本質部分を回答してください。受ける会社が有名でなければ、企業もその点はわかっています。
 しかし、あからさまに紹介会社に紹介されたぐらいの志望動機では採用はしないでしょう。おそらくあなたが採用する側でもきっとそうするでしょう。



就職 転職活動で求人を探す方法

今回は、就職・転職活動をするうえで一番重要になる求人を探す方法を紹介させて頂きます。
求人を探す3つの方法


・ハローワークで就職・転職活動辞めてください

近年稀にみる大不況のなか、現在転職先を探している人が多くいます。「ハローワークに初めて行ってみた」などという声を、最近聞くようになりました。ハローワークには沢山の求人があります。

しかし、ハローワークで求人を探すのは時間の無駄なのです。
それは、なぜか・・・
詳しくはこちらに更新してあるので興味がある方は確認してください。
・ハローワークで求人を探してはいけない理由

・友人、知人から紹介して頂く

自分の人脈を振り返り、身近な知人に聞いてみましょう。そうすると、学生時代、社会に出てから知り合った友人など、いろいろな人脈が見つかります。その人達に久しぶりに連絡をしてみて情報交換をしてみると、実はホームページには出してないが求人を知っているということもあります。

友人が人事である必要は必ずしもありません。友人に採用の権限を持っている人を、紹介してもらえばいいのです。突然、最近連絡をとっていない知人に連絡するのは気がひけるかもしれませんが、思い切って連絡することをオススメします。もちろん、情報を教えてくれた友人には、お礼の言葉を忘れずに。

ときおり同窓会の幹事をしたり飲み会を主催するなど、普段から人付き合いをよくしておくと、情報が集まってきます。情報収集という意味において幹事は大変ですが、メリットがあります。

・求人検索エンジンから探す

とにかく多くの求人から探したいという場合に適しています。しかし、どの企業に自分があっているかどうかは自己判断をしなければいけません。そこが人材紹介サービスとの違いです。
詳しくは、こちらに更新しているので興味がある方は確認してください。
・転職実績№1サイト




就職 転職で内定が取れる時期

今回は、就職・転職活動をするうえで内定が出やすい時期について紹介させて頂きます。

ちなみに、転職活動をスタートさして平均的に内定が取れるの2か月間かかると言われているので先に先に行動することを、おススメしています。

企業が、求人を募集する理由も知っておくとより良い企業の内定を取ることが出来るかも知れないです。

募集する理由は、業務拡大による人員増員、退職される人の補充、基本的にこの2つの理由が多いです。


・まず先に、内定が出にくい時期・・・

1月・2月・4月・7月・11月は正直厳しいです

なぜ、内定が出にくいのか。もちろん、理由もあります。
・1月、2月は約8割の企業が年末年始の休みの影響で普段の月の業務よりもかなり忙しい時期になります。年始なので、普段の業務の他にもやることあるので面接すらして頂けない企業がほとんどです。

・4月は、新卒の方が入社される時期なので採用される可能性がかなり低いです。

・6月、11月は翌月がボーナス支給時期に当たるので退職される方が少ないのでなかなか厳しいです。

・内定が出やすい時期・・・

8月・12月が一般的に転職で内定が取りやすい時期と言われています。

両方に共通することは、ボーナスが支給される翌月ということです。最初に、説明させて頂きましたが求人を欲しがるのは、退職される人が出た時なのです。

なので、就職・転職しようと考えているかは転職活動には2か月間前から準備することをオススメしているので8月希望の方は6月 12月希望の方は10月から、求人探し・履歴作成・説明会などに参加されると内定が取れる近道になります。




あなたの会社は大丈夫? ブラック企業診断します

今回は、悪い意味でブームになっているブラック企業・・・

今から、紹介する項目に3つ該当する方は、ブラック企業にお勤め中かもしれませんよ。

残業するのが当たり前の社風(もちろん、残業代は0円)

求人広告の条件と入社後の条件がちがう(例 製造で入ったのに営業で働かされる 給料が求人と違う)

人がすぐ辞める(辞めても、新しい人を入れればいいと良い考え方)

パワーハラスメントがある(過度なノルマ 言葉の暴力)

社員の残業の記録を残さない(残業をしたという証拠を残さないようにする)

経費が自腹(備品 接待費 交通費が自腹)

体を壊しても休めない(圧力をかけて無理矢理働かせる)

この中で、3つの項目に該当される方はブラック企業勤務中の可能性があります。

これは、断言出来ることですがあなたを欲しがっている企業は沢山あります。

身体が壊れる前に行動されることを、お勧めします。

次に、就職・転職活動されるときにブラック企業かを判断する方法を紹介させて頂きます。

転職実績№1 リクルートエージェント

今回は、私が一番おススメする転職情報サイトを紹介させて頂きます。

リクルートエージェントを、おススメする理由は・・・

数ある、転職サイトのなかでも実績が№1=就職・転職が出来る場所なんです。

詳しい情報を紹介させて頂きます。

まずは、一番気になるどういう流れで面接、就職まで行くのか・・・

①リクルートエージェントにお申込みします。 お申し込みは、こちらから可能です➡リクナビNEXT

webで、24時間受付、サービスはもちろん完全無料です。
とりあえず、登録だけして求人票も見るだけでも大丈夫なんです。

②面談・相談
専任のコンサルタントが1対1で面談。キャリアプランを一緒に考えます。

③求人紹介
非公開求人も含めた、求人情報の中からあなたに最適な企業を紹介して頂けます。

④応募・面接
書類作成、面接のノウハウもサポート。

⑤内定・入社
条件交渉や入社調整も代行円満退社のアドバイスもして頂けます。

これが、一連の流れになります。

ちなみ、ここは登録をしなくても求人票を見ることは可能です。

じゃあ、なんで転職支援サポートに申し込みをお勧めするのか・・・

・申し込みした人だけが、見ることが出来る求人情報全体の約90%はご登録された方のみにご紹介可能な厳選された非公開求人です

・累計約30万人の転職成功実績は業界No.1。多くの転職成功事例に基づき、あなたの強みを効率的にアピールする応募書類の作成方法、面接のコツを丁寧にアドバイスいたします。充実のサポート力にご評価いただき顧客満足度も業界トップクラスです。

実績があるので、信頼と安心が有りますアドバイスして頂いた通りに実践すれば必ずあなたも自分のやりたい仕事に就くことが出来ます。


④正社員になるには

今回は、正社員になる方法をお教えします。

この、blogを見てくださっている9割以上の方が正社員として働きたい又は
今の職場を辞めて転職したいと考えている方だと思います。

まず、本気で正社員になろうと思えば誰にでも可能です・・・

しかし、1日の3分の1を職場に過ごすのに自分に向いていない仕事やりたくない
ことをしたくないですよね。

そこで、私が取材させて頂いた中でオススメな就職、転職情報を紹介させて頂きます。

必ず、あなたに合った求人があるので確認して見てくださいね。

①株式会社リクルートキャリア

詳しい、情報はこちらへ

転職実績 №1リクルートエージェント

③正社員と派遣社員の賃金差

今回は、正社員と派遣社員の賃金差を紹介させて頂きます。

正社員全体で一番割合が多いのが20万円以上30万円未満で39%となっています。また25%が30万円から40万円、14%が40万円から50万円と、高額での分布が多くなっています。

正社員以外をみてみると、一番多いのが10万円未満で40%、続いて10万円から20万円の37%と続きます。あわせると、8割弱が20万円未満ということになります。正社員の場合は、20万円以上が8割強でした。税込み月収を見ると、正社員の約8割が20万以上、非正社員の約8割が20万円未満です。見事に月収20万円で2分されました。

正社員以外の人の中には、夫の扶養範囲で働いているパートの主婦なども多く含まれています。単純に正社員と非正社員と比べても、働く時間数が違うという側面もあります。そこで、同じ男性での正社員と非正社員の賃金を比べてみましょう。

正社員の男性では1割以上が月給50万円以上となっています。非正社員で50万円以上は、4%弱。かなりの差がでていますね。40万円以上では、正社員男性は18%、非正社員男性は5%です。男性性社員の約3割は40万円以上なのに、非正社員だと1割も満たしません。

非正社員の男性で一番割合が多いのは、10万円から20万円ので3割強を占めています。10万円未満もあわせると、なんと5割強が20万円未満ということに。正社員で20万円未満は5%弱です。差は歴然ですね。


そして、女性は正社員として一生働く女性の生涯賃金は、女性は1億7,800万円。それに対して、派遣社員やフリーターなどの非正規雇用で働き続けた場合の生涯賃金は、8,200万円というデータがあります。

すでにここで約1億円の差がついていますが、この格差の理由は定期昇給やボーナスの有無の違いによるもの。このほかに、退職金や老後に受け取る厚生年金の額も加えると、実際の収入格差はもっと広がっていきます。

20~30代の月収ベースで比較するとそんなに大きな差が見られなくても、生涯を通してみてみるとその収入格差は大きなものがあります。


これらの、情報をもとに私は皆さんに正社員として働くことをお勧めしています。


正社員になるには

②正社員と派遣のメリット、デメリット

今回は、正社員と派遣社員のメリット、デメリットを紹介させて頂きます。

まずは正社員編

メリット・・・

①会保険に加入することができる
       
正社員の場合、会社が社会保険に加入してくれますので、その点がまず大きなメリットになります。社会保険に加入する大きなメリットのひとつに、「厚生年金に加入することができる」というものがあります。

②生活が安定する

これも、正社員として雇用されるメリットのひとつ。
正社員になれば、ある程度のお給料は保証されるようになりますから、生活が安定します。
生活の安定は、その人にとって気持ちの余裕にも繋がりますので、その点がまず大きなメリット。 

③昇進がある

アルバイトやフリーターでは、まず「昇進」が見込めません。
昇進ができないということは、お給料がずっと上がりません。
つまり、そのままのお給料で生活をしなければならないということになります。
正社員になれば昇進も昇給もありますので、これをメリットと考えていいでしょう。

デメリット・・・

①サービス残業がある。

②接待、人間関係など気を使う

③異動がある。嫌な職場にあたっても辞め辛い。会社によってライフスタイルが左右される

④職場によってはノルマなどがある


次に派遣社員編

メリット・・・

①時給がよい

②休日がきちんととれる

③色々な仕事が経験できる

④会社の束縛がない

⑤定時に退社できる・残業がない

デメリット・・・

①ボーナスがない

②日が多いと給料が減る

③福利厚生が悪い

④契約更新されるか不安

⑤正社員と区別される

皆さんは、これらの情報をもとにどちらの立ち場を選びますか?

貴方の将来の為に、今しっかり考えて見てくださいね。

次は、正社員と派遣社員の賃金格差


正社員と派遣社員 賃金格差

①正社員と派遣社員の割合

今回は、正社員と派遣社員の割合を紹介させて頂きます。

皆様は、どのぐらいの人が正社員として働いているとおもいますか?

答えは・・・

男性正規率77.5%女性41.7%なんです。

女性は、100人いたら40人しか正社員として働いでいないのです。

ちなみに、正社員ではない人は

非正規社員…パート・アルバイト、労働者派遣事業所の派遣社員、契約社員・嘱託など」を指す。

女性の正社員率が低いのは、こ「寿退社」なとによる退社で若年女性正社員が辞めていくことに加え、世帯を持った主婦が子育てのさなかにパートなどの非正規労働に就くことで、値が底上げされるのが要因。

ここで、一つのアンケート結果を見て頂きたい。

アデコが働く女性を対象に実施したアンケート調査の結果によると、派遣社員の方が正社員より幸せを実感している人が多く、プライベートのみならず仕事に関する満足度も高い。

 20歳代から50歳代の働く女性400人に、総合的な幸せ度を100点満点中何点付けるか質問したところ、派遣社員の平均点は「65.0点」正社員の平均点「61.6点」を上回った。

また90点以上の高得点を付けた人は、派遣社員が39人だったのに対し、正社員では22人にとどまった。


次に、正社員と派遣社員のメリット、デメリット紹介させて頂きます。


正社員と派遣 メリット・デメリット

医療事務に関する 疑問、質問

今回は、最後に今まで頂いた疑問、質問を紹介させて頂きます。

医療事務ってお盆休みはあるの?

すべての医療機関が休んでしまったら大変なことになります。

医療事務もそうですが医療費の請求などする人がいないと困ります。

すなわち、お盆休みが関係ない医療機関であれば

医療事務でお盆休みというのはありません。

医療事務に向いているのはどんな人?

医療事務というのは患者さんと接することが多いポジションです。
当然コミュニケーションがとれることは必須です。

ケガや病気で来院する患者さんに優しく接してあげるのは
大事なことです。

患者さんの立場になって、患者さんの気持ちになって
接してあげる。患者さんの話をよく聞いてあげる。

上記にことが出来る方が向いていると思います。

医療事務の仕事をするのに医療事務の資格は必要でしょうか?

資格が必要か必要でないかどちらかと言えば資格はなくても
働くことはできます。

仕事内容のところで、説明させて頂きましたが資格があれば資格手当がでたり、仕事の幅がかなり広くなるということです。

以上で、医療事務に関する説明を終了させて頂きます。

このブログが読んでくださった方の、お役に立てればとても嬉しく思います。
皆様が、無事資格を取り、医療事務員として働けること祈って終了させて頂きます。。

最後に一言

やれば、出来るは秘密の合言葉です。

⑤医療事務オススメ資格スクール

今回は、医療事務の資格で一番認知度が高く、難易度が高い診療報酬請求事務能力認定試験の合格を目指す上でオススメの資格スクールを紹介します。

ヒューマンアカデミー(スクール名です)TVでCMもやっているので、一度は聞いたことがあると思います。

なぜ、ここをオススメするか・・・

気になりますよね。

オススメする理由が4つあります。

診療報酬請求事務能力認定試験の合格率高い。

平成24年7月の試験では

合格者数1885人中252人がヒューマンアカデミー受講生なんです。=(7人に1人がヒューマンアカデミー受講生)になるんです。

だから、ヒューマンアカデミーでやる内容をやれば合格するんです。

全国30校舎あるんです。

北海道・宮城・新潟・栃木・埼玉・東京・神奈川・千葉・静岡・愛知・大阪・兵庫・京都・

奈良・和歌山・岡山・広島・香川・愛媛・福岡・熊本・鹿児島・沖縄です。

貴方の住んでいる地域はありましたか?・・・

もし、合ったら無料資料請求してスクール内容の確認されることをオススメします。

就転職のサポートの充実

各部署が連携して、就職、転職をサポートします。各部署に専門の担当者の方がいるので、履歴書や職務経験の書き方、面接指導までのアドバイス。就転職サポートやフォローしているも万全です。

無料体験セミナー・授業見学会

知りたいことや経験に合わせたさまざまな無料体験セミナーを開催。もし、少し受講しようかなと考えている方は無料体験に行かれることをオススメします。

授業見学会は、実際に行われている授業に参加し、授業の雰囲気や質、校舎、講師などを知っていただく機会があるのでこちらにも参加されることをおススメします。

これらが、私がヒューマンアカデミーを皆様に推薦させて頂く理由です。

少しでも、興味を持たれた方は無料資料請求して、内容を確認してみてください。

無料資料請求はこちらから↓↓↓




最後に、医療事務に関することで頂いた、質問、疑問を紹介させて頂きます。


⑥医療事務疑問質問



④医療事務資格の勉強の仕方

今回は、医療事務の一番合格率が低く、認知度が高い診療報酬請求事務能力認定
試験に合格する為の方法を説明させて頂きます。ちなみに、試験は

7月、12月にあります。

12月の試験に、間に合わせるには今すぐに始めないと厳しいかも知れないですね。
「皆さん、お聞きします」

どうやったら、資格所得することが出来ると思いますか?・・・

答えは簡単です。

正しい勉強の仕方で勉強すれば、合格することが出来るんです。

★勉強方法は、3つあります★

それぞれの、方法のメリット、デメリットを紹介させて頂きます。

独学・・・家で、参考書などを購入して自分の学力のみで合格を目指す方法

メリット・・・3つのうち、一番お金が掛らないです。自分で、勉強する時間、場所をすべて選択することが出来る
    
デメリット・・勉強の仕方がわからない。問題を解いて、分からないことを質問することが出来ないのでうやむやになる可能性が高い。(診療報酬請求事務能力認定試験を受けるうえで独学で挑むのは正直厳しいです)

通信教育・通信講座に申し込み、送られてきた物を解いて送り返す。それの繰り返しになります。

メリット・・・独学よりも、勉強の仕方、分からないことも封筒を通してですが質問もできます。やることが、きめられているのでヤル気がでる。

デメリット・・お金がかかる。(通信講座の平均金額は60000円~80000万

分からないことが出来ても、すぐに質問出来ないので熱が冷める可能性がある。

次は、私が一番合格するうえで、近道になると思う方法を紹介します。

通学教育・資格取得スクールに定期的に通い最短で合格を目指す方法です。

メリット・・・スクールに通うことで、勉強習慣を作ることが出来る。同じ目標(資格合格)を持つ友達仲間が出来る。分からないことも、その場で質問することが出来る。

デメリット・・お金がかかる。(平均15万~20万)正直すぐに手を出せる金額ではありません。

もちろん分割も可能です。金額高いので本当に資格を取得したい方のみ通うことをお勧めします。

医療事務の給料のところでも、説明させて頂きましたが資格を持っているのと、無いのでは月平均給料2万差が出ます。

なので、勤務したときに 12ヶ月(1年間)×2万=24万なので

1年間、資格取得後勤務すれば通学教育金額をカバーすることが出来ます。

もし、医療事務の資格を本気で取りたいと思われている方は通信、通学教育の詳し

い(金額や内容)資料を(もちろん、無料で)資料請求出来るので興味がある方
は資料請求されることをお勧めします。

無料資料請求はこちらです↓↓↓


つぎに、通学教育でオススメのスクールを紹介させて頂きます。こちらは、必ず確認することをオススメします。
     
⑤医療事務お勧めスクール

③医療事務の給料

今回は、生活する上で一番重要な給料の紹介をさせて頂きます


病院の正社員     月給17~34万円 シフト制 あり

病院の派遣社員    時給1,000~1,800円 シフト制 あり

上の金額は、医療事務員の平均の給料です。

平均と言っても、すごい金額に差がありますよね・・・

これが、資格を持っているか持っていないかの差になるんです。

一番最初にお話しましたが、医療事務は資格がなくてもやれる仕事なんです。

だからこそ、資格が持ってない方のかわりはたくさんいるのが現実なんです。

だから、賃金が安くても働きたい方はたくさんいるので賃金を上げる必要がないんです。

逆に、資格があって知識がある方は本当に必要になります。もちろん、資格手当もでるので給料も良いのです。

だから、給料に大きな差がでるのです。

医療事務の仕事の説明はこれで終了させて頂きます。

ここで、見て頂いて医療事務の仕事をやってみたい方は資格を取ってから就職するのかすぐに就職するのか、どっちがメリットがあるのかしっかり考えて判断して見てくださいね。

もし、資格をとってから就職しようと思ってる方は医療事務資格の勉強の仕方をご覧ください。
         ④勉強の仕方

②医療事務の仕事内容

今回は、医療事務の仕事内容を紹介させて頂きます。

まずは、初めに医療事務の中でもレベルが高い資格を紹介させて頂きます。

診療報酬請求事務能力認定試験・・・この資格が、医療事務の資格では一番認知度が高く、合格率も30%。

だからこそ、この資格を持っていれば就職先も条件が良いところに行けて現場でも期待される存在になれます。

医科2級医療事務実務能力認定試験

2級医療秘書実務能力認定試験

この3つが有れば、どんな作業もこなすことができます

早速、仕事の内容の紹介をさせて頂きます。

総合受付(受付業務)
・医療機関を訪れた患者さまが最初に立ち寄るのが総合受付です。

保険証の受け取りや確認、各診療科に案内を行います。

医療機関の「顔」とも言えます。

有ると良い資格 2級医療秘書資格(資格がなくても、勤務することは出来ます)

診療科(各科受付業務)
・診察順序の管理、患者さまの呼び出しなど、診察がスムーズに行われるよう気を配ることが重要です。

有ると良い資格 2級医療秘書資格(資格がなくても、勤務することは出来ます)

会計窓口(会計業務)
・診察や治療を終えた患者さまの診療費を精算します。患者の方から、会計内容の質問をされることもありますので、会計知識、保険制度、診療報酬制度などの知識も求められます。

ここの、仕事内容は行った診療が何点とかいろいろ専門的な知識が必要になります。

有ると良い資格 2級医療秘書資格 診療報酬請求事務能力認定試験(資格がないとここの仕事はさせて頂けない可能性もあります)

医事課(総合レセプト業務)
・病院経営の要となる重要なお仕事です。患者さまに行われた診療、投薬、処置などを漏らさずに保険請求出来るように、レセプトを作成、発行します。

現在では、多くの医療機関がコンピューターでレセプトを発行、チェックします。

有ると良い資格 診療報酬請求事務能力認定試験(この資格がないと、出来ない業務です

医療事務の仕事で上を目指している方は、皆さんこの仕事に就けるように勉強しています。

次は、皆さんが一番気になる給料について説明させて頂きます。

医療事務員の給料
      ③医療事務給料

①医療事務が人気の資格の理由

今回は、医療事務の仕事が人気の理由を紹介させて頂きます。

将来性、安定性が見込める。

・高齢化社会を迎えるに当たり、現在のところ増加の一途にある国民医療費。それに、伴い医療費スタッフは常に求められています。

医療活動に貢献できるから「やりがい」を実感できる。

・病を抱えた方を手助けするお仕事として、非常に「やりがい」を感じることが出来る。

ライフスタイルに合わせて働けれるから、再就職に有利。
 
・職場になるのは、病院です。全国どこにでもありますよね。資格さえ取得しておけば、日本全国どこにでも通用する医療事務技能。

たとえば、結婚による転居。退職した時に再就職が見つけやすいのが特徴です。

ここで、皆さんに衝撃的なことをお伝えしないといけません・・・

医療事務の仕事は別の資格がなくてもやれるんです。

じゃあなんで、資格人気が高いのか?

仕事やれる幅が広くなる、資格手当がでる、責任のある仕事を任せてもらえる。

逆に、だれでもやれる仕事でも大丈夫、給料も人並みでいい、責任のある仕事はやりたくない方は資格をとる必要はないです。

次に、医療事務員がどういう仕事しているか紹介させて頂きます。

医療事務の仕事
  ②医療事務仕事内容

主婦・女性に人気の資格トップ3

今回は、主婦、女性の人気のトップ3の資格を紹介させて頂きます

皆さんの、予想は何だと思いますか?

さっそく、順位発表です

第1位 資格あれば地域や時間を選ばすにライフスタイルに合わせて働ける
     ・・・・医療事務

第2位 こどもの個性を尊重し未来を育む、保育のスペシャリスト    
     ・・・・チャイルドマインンダー

第3位 開業・副業・サロン勤務 ネイルで夢を叶える         
     ・・・・ネイリスト

女性が多く働かれている職業がやはり人気資格ですね・・・

今回は、第1位の医療事務の資格について詳しく説明させて頂きます。

人気の理由
    ①医療事務資格 人気理由

チャットガールとは⑤疑問、質問

今回は、皆様から頂いた疑問、質問を紹介させて頂きます。

①登録に容姿は関係ありますか?

これは、始めるうえで一番気になる点ですよね。

キャバやガールズとかは、容姿で判断されることが多いと思います。

しかし、チャットガールは全く関係ありません。

ヤル気、お金を稼ぎたいと言う気持ちが有れば働くことが出来るお仕事です。

関連して、説明しときますが顔を出さなくてもお仕事は可能です。

顔を出すことに抵抗がある方は、顔から下だけ映す等の工夫をしてお仕事してください。

わざわざ、バッチリメイクもしなくても大丈夫なのでほんとにラフな格好で働くことが出来ます。

②アダルト行為をお願いされた時はどうすればいいですか?

リアルな働き場だと、これの対応に困りますよね・・・

しかし、チャットガールでは アダルト行為は禁止なので相談センターに相談してください。

あまりにも、酷い時は電話切れば良いんです★

③ノルマや罰金はありますか?

キャバクラとかは、特にノルマに厳しいですよね。

チャットガールはノルマや罰金は一切ありません。

ご自分のライフスタイルに合わせて空いた時間にお仕事をすることができます。

④辞める時に必要な手続きはありますか?

退会の意思をメールまたは電話にてご連絡ください。

メール1通で退会することが出来るので本当に楽です。

当たり前のことですが、未精算金がある場合は、お給料を銀行に振り込んだ時点で退会となります。

ここまで、説明させて頂いて興味もたれた方はチャットガールに登録してガップリお金を稼ぎましょうね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。