スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

④正社員になるには

今回は、正社員になる方法をお教えします。

この、blogを見てくださっている9割以上の方が正社員として働きたい又は
今の職場を辞めて転職したいと考えている方だと思います。

まず、本気で正社員になろうと思えば誰にでも可能です・・・

しかし、1日の3分の1を職場に過ごすのに自分に向いていない仕事やりたくない
ことをしたくないですよね。

そこで、私が取材させて頂いた中でオススメな就職、転職情報を紹介させて頂きます。

必ず、あなたに合った求人があるので確認して見てくださいね。

①株式会社リクルートキャリア

詳しい、情報はこちらへ

転職実績 №1リクルートエージェント
スポンサーサイト

③正社員と派遣社員の賃金差

今回は、正社員と派遣社員の賃金差を紹介させて頂きます。

正社員全体で一番割合が多いのが20万円以上30万円未満で39%となっています。また25%が30万円から40万円、14%が40万円から50万円と、高額での分布が多くなっています。

正社員以外をみてみると、一番多いのが10万円未満で40%、続いて10万円から20万円の37%と続きます。あわせると、8割弱が20万円未満ということになります。正社員の場合は、20万円以上が8割強でした。税込み月収を見ると、正社員の約8割が20万以上、非正社員の約8割が20万円未満です。見事に月収20万円で2分されました。

正社員以外の人の中には、夫の扶養範囲で働いているパートの主婦なども多く含まれています。単純に正社員と非正社員と比べても、働く時間数が違うという側面もあります。そこで、同じ男性での正社員と非正社員の賃金を比べてみましょう。

正社員の男性では1割以上が月給50万円以上となっています。非正社員で50万円以上は、4%弱。かなりの差がでていますね。40万円以上では、正社員男性は18%、非正社員男性は5%です。男性性社員の約3割は40万円以上なのに、非正社員だと1割も満たしません。

非正社員の男性で一番割合が多いのは、10万円から20万円ので3割強を占めています。10万円未満もあわせると、なんと5割強が20万円未満ということに。正社員で20万円未満は5%弱です。差は歴然ですね。


そして、女性は正社員として一生働く女性の生涯賃金は、女性は1億7,800万円。それに対して、派遣社員やフリーターなどの非正規雇用で働き続けた場合の生涯賃金は、8,200万円というデータがあります。

すでにここで約1億円の差がついていますが、この格差の理由は定期昇給やボーナスの有無の違いによるもの。このほかに、退職金や老後に受け取る厚生年金の額も加えると、実際の収入格差はもっと広がっていきます。

20~30代の月収ベースで比較するとそんなに大きな差が見られなくても、生涯を通してみてみるとその収入格差は大きなものがあります。


これらの、情報をもとに私は皆さんに正社員として働くことをお勧めしています。


正社員になるには

②正社員と派遣のメリット、デメリット

今回は、正社員と派遣社員のメリット、デメリットを紹介させて頂きます。

まずは正社員編

メリット・・・

①会保険に加入することができる
       
正社員の場合、会社が社会保険に加入してくれますので、その点がまず大きなメリットになります。社会保険に加入する大きなメリットのひとつに、「厚生年金に加入することができる」というものがあります。

②生活が安定する

これも、正社員として雇用されるメリットのひとつ。
正社員になれば、ある程度のお給料は保証されるようになりますから、生活が安定します。
生活の安定は、その人にとって気持ちの余裕にも繋がりますので、その点がまず大きなメリット。 

③昇進がある

アルバイトやフリーターでは、まず「昇進」が見込めません。
昇進ができないということは、お給料がずっと上がりません。
つまり、そのままのお給料で生活をしなければならないということになります。
正社員になれば昇進も昇給もありますので、これをメリットと考えていいでしょう。

デメリット・・・

①サービス残業がある。

②接待、人間関係など気を使う

③異動がある。嫌な職場にあたっても辞め辛い。会社によってライフスタイルが左右される

④職場によってはノルマなどがある


次に派遣社員編

メリット・・・

①時給がよい

②休日がきちんととれる

③色々な仕事が経験できる

④会社の束縛がない

⑤定時に退社できる・残業がない

デメリット・・・

①ボーナスがない

②日が多いと給料が減る

③福利厚生が悪い

④契約更新されるか不安

⑤正社員と区別される

皆さんは、これらの情報をもとにどちらの立ち場を選びますか?

貴方の将来の為に、今しっかり考えて見てくださいね。

次は、正社員と派遣社員の賃金格差


正社員と派遣社員 賃金格差

①正社員と派遣社員の割合

今回は、正社員と派遣社員の割合を紹介させて頂きます。

皆様は、どのぐらいの人が正社員として働いているとおもいますか?

答えは・・・

男性正規率77.5%女性41.7%なんです。

女性は、100人いたら40人しか正社員として働いでいないのです。

ちなみに、正社員ではない人は

非正規社員…パート・アルバイト、労働者派遣事業所の派遣社員、契約社員・嘱託など」を指す。

女性の正社員率が低いのは、こ「寿退社」なとによる退社で若年女性正社員が辞めていくことに加え、世帯を持った主婦が子育てのさなかにパートなどの非正規労働に就くことで、値が底上げされるのが要因。

ここで、一つのアンケート結果を見て頂きたい。

アデコが働く女性を対象に実施したアンケート調査の結果によると、派遣社員の方が正社員より幸せを実感している人が多く、プライベートのみならず仕事に関する満足度も高い。

 20歳代から50歳代の働く女性400人に、総合的な幸せ度を100点満点中何点付けるか質問したところ、派遣社員の平均点は「65.0点」正社員の平均点「61.6点」を上回った。

また90点以上の高得点を付けた人は、派遣社員が39人だったのに対し、正社員では22人にとどまった。


次に、正社員と派遣社員のメリット、デメリット紹介させて頂きます。


正社員と派遣 メリット・デメリット



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。